あなたの挙式は何式!?変わる挙式スタイル

多様化する挙式スタイル

みなさんは挙式と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。多くの人が、チャペルで神父様の進行に従って神に誓いをたてるいわゆる「教会式」を思い描くのではないでしょうか。挙式の大定番であり、キリスト教徒でない新郎新婦も多くこのスタイルを選んでいます。または、最近人気が上昇している日本固有の「神前式」を思い浮かべるかもしれません。みなさんは、そのほかに「人前式」という挙式スタイルがあるのをご存じでしょうか。

人前結婚式とはどんなもの?

「人前結婚式」とは、列席者に結婚の証人になってもらうスタイルの挙式のことです。形式などにとらわれず、新郎新婦の思い描くオリジナルのシナリオで進行されます。そのため、単に人前結婚式といってもさまざまなスタイルがあります。大きな特徴の一つは、挙式の場所を自由に選べるということです。人前式で重要なことは、”列席者の前で結婚を誓うこと”なので、どんな場所でも大切な人たちさえ集まってくれれば挙式ができるのです。

結婚式で大事なことは?

結婚した友人は口を揃えて「結婚式の準備は本当に大変」と言います。一生に一度の晴れ舞台を自分たちで作り出さなければならないのですから当然といえるでしょう。そんななかで決めることが多く、手間をかける「人前結婚式」を選ぶカップルが増えているのはなぜなのでしょうか。主役である新郎新婦を暖かく見守り祝福するスタイルのこれまでの結婚式から、列席者も参加して一緒に楽しみ、喜ぶスタイルの式に変化してきているように思います。コミュニケーションが稀薄といわれるこの時世のなかで、人が寄り添おうとしている気持ちの表れのひとつかもしれません。

結婚式場を神奈川で挙げることを希望しているなら、さまざまなブライダルフェアを訪れて、細かいポイントまで確認することが大事です。