結婚指輪を買うタイミング、渡すタイミング

改まった結婚式場での指輪交換

結婚が決まったお二人は、どんな結婚式にするかもう思い描いていますか?たくさんの人に祝福されて結婚式を挙げたい場合、ご両親の知り合いや、親族もたくさんいらっしゃる場合は改まった結婚式場を選んでプロの方がしっかり最初から最後までサポートしてくれる挙式スタイルがいいかもしれません。となると、指輪交換は皆さんが見守っている式場の中で、結婚指輪をお互いにはめ合う形ですよね。余談ですが、もし男性側が指輪をするつもりがない場合は事前に言っておけばダミー指輪を貸していただけますよ。

身内だけのオリジナルウエディング

海外挙式や、国内でのリゾートウェディング等をしたいと考えているお二人は、お二人の選んだチャペル等で牧師さんの前で指輪交換をする形になります。きっと新婚旅行も兼ねた挙式になると思いますから、結婚指輪を忘れないようにしてくださいね。打ち合わせは結婚式の直前という形になりますから、その時に忘れたと気づいても、もう本物の指輪での交換は出来なくなりますよね。それも後から思い出せば、笑い話となっていい思い出になるのかもしれませんね。

結婚指輪は女性にとっての憧れ

結婚が決まった時、男性がまず考えることと女性が考えることは、方向性が異なっていてよく喧嘩がおきると言われています。男性は結婚することが決まったことで、もう一仕事終えた感があるのに対して、女性はこれからのことで頭がいっぱいになるからです。結婚指輪ひとつとっても、男性と女性とでは全く考え方が違いますよね。男性にとっては、もしかしたら厄介な物かもしれませんが、女性にとっては結婚指輪は結婚する前から憧れのひとつであり、とても重要なものなのです。一生身につけるものですからお互いの気持ちを尊重し合って満足するものを選んでくださいね。

結婚指輪は結婚する上での証となるものです。指輪がすべてではありませんが、パートナーと繋がっている大事な物です。