知っておきたい!挙式スタイルの種類についての基礎知識

一番人気のキリスト教式

キリスト教式は、教会やチャペルでウエディングドレスを着たり、バージンロードを歩くというスタイルの挙式です。友人や知人などの多くの人が列席出来るということも大きな特徴だと言えるでしょう。そして、入退場の際の生演奏を始め、挙式後に行われるフラワーシャワーやブーケ投げといった演出が出来るのもキリスト教式ならではと言えます。また、クリスチャンであれば自分の通っている教会などで行うことが出来ますが、クリスチャンでなくても、ホテルや結婚式場内のチャペルを利用して挙式を行うことができます。

ひそかなブームになっている神前式

神前式は、神社などで和装をして行う、日本の伝統的なスタイルの挙式です。従来は古くさいなどの理由から敬遠されがちでしたが、最近では、その伝統的なスタイルがむしろ新鮮なものとして受け入れられる傾向もあり、ひそかなブームになっているとも言われています。そして和装は、色や柄のバリエーションが豊富であることも魅力の一つだと言えるでしょう。また、列席者は基本的に親族のみですが、ホテルや結婚式場などの広い会場で行う場合は、友人や知人などの多くの人の列席も可能です。

自由なスタイルの人前式

人前式は、宗教に関係なく、列席者を証人にして結婚の誓いを立てるという挙式スタイルです。キリスト教式や神前式のように特に決まった形式がないため、本人の考えた自由なスタイルで行うことが出来るというのが最大の特徴です。そしてプラン次第では、挙式費用を安く抑えることも出来るというメリットもあります。さらに場所についても、結婚式場にこだわる必要はなく、二人の思い出の場所など、許可が得られる場所であればどこでも行うことが可能です。

結婚式場を東京で探すならベイサイドでの挙式や伝統あるホテルでの挙式、日本初の総合結婚式場等とても多様な種類の中から納得のいく式場が探せると思います。